FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキル考察③-ブレイズ-ソロ編

ドンドンウドドン(`-ω-´)ドンッ!!(`⊙ω⊙´)カッ!!(`-ω-´)ドド(`⊙ω⊙´)カッ!!

今回考察していくスキルはこちら

ブレイズ

ブレイズでございます。

配信やブログをみていただいてる方からかねてより、ブレイズについての記事をまとめてくださいと言われておりました。ご要望とあらば!と気合を込めて記事を書いてみたものの

・・・・・・ブレイズ・・・・深すぎてまとまらない・・・・


もうね、書きたいことが山ほどあるのと説明するのがめちゃくちゃ難しいのなんので時間がかかってしまいました(リクエストいただいたのに申し訳ありません)


ブレイズのことについて書くと、まずダメージ計算式はどうなってるんだ?ダウン値ってなんだ?細工は?今流行りのキョンシーブレイズってどうやるの?などなど書くことがたくさんあります

小難しい話は抜きにして、まずは理論より実際に映像をみて真似してもらって、こういうブレイズの戦い方があるんだなーということを皆さんに感じてもらうことが一番なのかなと思いました。


そこで、今回はソロに限定してブレイズを使った戦闘を僕が知っている限りで紹介していこうと思います。


ん?これどういう仕組みになってるんだ?なんでこうしないといけないんだ?などなど疑問があると思いますが

頭で考えるな。感じろ


という体育会系スタンスでやっていきたいと思います。よろしくお願いします。

まずは動画をご覧ください。



いつもだと最初に簡単なスキルの概要についてwikiを参照にしながら説明していくのですが、ダメージ計算式とか、難しいし、めんどくさいのでめっっっちゃかいつまんで話していきます。主に説明したい内容は次の3点になります。

・ダメージ固定
・ダウン値によるダメージ増加
・範囲



ブレイズは一般的な物理攻撃との違いの一つとして、ダメージ固定があげられます。

例えば、通常のアタックをしてもらえばわかるように、基本的に敵与えるダメージにはばらつきが生じます。このダメージのばらつきがブレイズにはないことが特徴です。

よって、ブレイズには敵を確実に倒すことができる確殺ラインが明確なため、ノンクリ、クリのダメージ判定によって次順の行動を把握しやすくなります。夢幻でブレイズが好まれていることの理由の一つとしてこれがあげられるでしょう。物理夢幻のように相手のライフを入念に管理する必要がなくなります。




次に、ダウン値によるダメージ増加について。

wikiにはブレイズのダメージ計算式が次のように記載されていました。

魔攻/3*爆発ダメージ係数*ワンド補正*マジックマスタリ補正*ダウン補正

よくわかんねえって感じだと思いますが、赤字のダウン補正という部分に注目しましょう。

この補正部分が1~4.5倍となっています。ダウン値を稼ぐか稼がないかで4倍以上のダメージの差が出てしまいます。

動画でご紹介してる戦闘方法はすべてこのダウン値を稼ぐことによって高ダメージを叩き出すということを意図して行われています。

またワンド補正というものがありますが、これは使用するワンドによってダメージボーナスが入るというものです。基本的に現環境においては野蛮なアイスワンド、野蛮なファイアワンド、野蛮なライトニングワンド、打撃ワンドがブレイズを使用したときにダメージボーナスが追加されます。(使い勝手の点でアイスワンド、ファイアワンドを使用する人が多いです)



 次に範囲について

 ブレイズは範囲攻撃の部類に含まれます。しかしその範囲は550と非常に狭いです。(細工によって範囲を広げることができますが、クラショや苦無には範囲の面で劣ります)


 よって、戦闘においては、あらかじめ敵を集めるスキルを用いた後に、ブレイズを使用するというのがセオリーとなっております。




それでは動画の解説をしていきましょう。

まずは最近夢幻でブイブイ言わせてるこいつから紹介しましょう



mabinogi_2018_08_22_002.jpg



キョンシー君です。いま夢幻の王道戦闘スタイルのひとつとして確固たる地位を気づき上げたキョンシーブレイズ。その礎となったのがこのキョンシー君になります。動画の前半部分はこのキョンシー君を持ちいた戦闘がほとんどになります。


キョンシー君の代替ペットも存在しますので、キョンシー足りないという人も安心してください。しかし、キョンシーのペットエフェクトである敵の回収はキョンシーだけの能力で必ず必要不可欠になりますので集めて損はありません。


動画のはじめである誘惑即打ちブレイズについて


最初の誘惑で敵を1点に集め、ブレイズをチャージし、キョンシーを召喚した瞬間にブレイズを発動させることによって敵にダメージを与えます。

即打ちブレイズ


メリットとしては誘惑から発動までが早く、これで敵を確殺することができるのであれば優先的に使いたい戦法になります。

デメリットとしては、ブレイズをフルチャージすることができず、最高ダメージを与えることができないことです。この方法で敵を確殺できない場合は、次に紹介するキョンシーブレイズで確実にブレイズフルチャージでダメージを与える方がよいでしょう。


次に0:27のキョンシーブレイズについて

夢幻で一番主流となっている方法です。

流れとしては下のようになります

ブレイズ②


① 敵を集める

② 意図的にダウンキャンセル


③ 敵の回収

④ ダウン値を最大に

⑤ブレイズ



②の部分について、ダウンキャンセルについては下記の記事にも説明をしております。

戦闘技術①-ダウンキャンセルについて-

①で誘惑した後、敵はダウン状態になります。この時にすぐキョンシーを発動させると、敵がダウンキャンセルを起こしすぐ立ち上がってしまい、攻撃されてしまいます。そこでめぇ(ワイバーンでも可)を召喚させることによって意図的にダウンキャンセルを起こした状態でキョンシーを発動させることによって、敵を集めることができます。

キョンシーブレイズを初めてやる方にとって一番難しいと感じる所が③→④に移行する部分でしょう。



キョンシーの回収ペットエフェクトは一定時間敵を無敵状態にさせます。無敵状態が解けた状態でキョンシーを召喚しないと、ダウン値を稼ぐことができません。


④のキョンシーを召喚するタイミングが最初慣れるのに練習が必要になると思います。そこでわたしがコツを伝授いたします。

タイミングは 



③のキョンシー出した→んんんんんんんん( ,,`・ω・´)ンンン?→ココ


って感じです。考えるな。感じろ


すみませんでした。動画0:33頃から、③のキョンシーを出してから④のキョンシーを出すまでの時間を計測しています。動画では4.8秒くらいになっています。(ちょっとタイミングが早いです。実際には5.5秒くらいがベストだと思います)

だいたい5秒を目安にキョンシーを出すといいかもしれません。あくまで参考までにどうぞ。回線速度やペットサーバーの状態によって前後します。



また④に出すペットはキョンシー以外のペットで代替できるものがあります。


動画1:00からスクーターとアイスドラゴンを用いたキョンシーブレイズを紹介しています。スクーターとアイスドラゴンは、夢幻、アルバンの敵に対して召喚エフェクトが発動すると、本来硬直効果であるのですが敵が飛んでしまいます。この性質を逆手に利用して、ダウンした敵に対して召喚エフェクトで垂直飛びさせることでダウン値を稼ぎ、敵に高ダメージを与えることができます。

キョンシーブレイズの回収エフェクトは敵を回収できる数に上限がかけられています。(上限が何体かの検証はしてません。誰か情報求)アルバンなどの敵がたくさん枠場面でキョンシーブレイズをする際には、キョンシーよりもアイドラやスクーターがいいかもしれません。


もう一つ気を付ける点として、キョンシーで回収するときは、なるべく敵のいる中心に移動してキョンシーで回収するようにしましょう。

ブレイズ④



理由は、上の画像の通り、ペットは自分の周辺に召喚されます。自分と敵の位置が離れていると、必然的にペットが召喚される位置も敵から遠くなる可能性が高くなります。キョンシーのエフェクト範囲はそれほど広くないので、敵が集まる中心に自分を移動させることによって回収漏れを防ぐことができます。

動画1:28のように、誘惑した時、自分と人形の位置が合わせられてないと、敵が集まった位置と自分の位置が離れてしまいます。そのようなときは、移動して敵の中心に移動し、キョンシーで回収するようにしましょう。


次に、キョンシーブレイズ2について。

動画では1:42からになります。自分が夢幻を回るときに用いる戦法です。流れは下の通りです。

ブレイズ③

通常のキョンシーブレイズに加えて乱れ苦無のダメージを加えることができます。誘惑は発動してから敵に無敵状態が生じます。その時間帯に苦無をすることによって、ロスなくダメージアップをすることができます。

デメリットといたしましては、タイミングがとてもシビアだということ。誘惑してから乱れ苦無をなるべく素早く行わないと、敵が起き上がって攻撃をしてくるので位置連れが起こりやすく、そのあとのキョンシーの回収がうまくできなくなる場合があります。


誘惑から苦無のスピードは回線速度にも影響されるのでうまくいかない場合があります。

基本的にはキョンシーブレイズ1の方が安定するといえるでしょう。



次にISブレイズについて。動画では2:14から
ISブレイズ

最大の特徴としてはペットを使わなくてもフルチャでブレイズが使用できるところです。


つまりディヴァインリンクをしながらブレイズが使用することができます、HDアルビやHDルンダなどで力を発揮するでしょう。

流れとしては、誘惑で敵を集めた後、ISを敵に撃ち、撃った反対側に移動してブレイズをチャージして発動。

ISの撃った反対側に敵が必ずダウンするという特性と、ISをくらった敵は一定時間硬直するという特性を用いてブレイズをフルチャージでうつことができます。


気を付けるべき点としては、ISで敵を倒してしまうと、IS連鎖という特性によって、敵が再び凍ってしまい、さらに大幅に位置連れを起こすことです。

ISブレイズ②

本来黒の矢印の方向にISを撃つと、敵は赤の→の方向にダウンします。しかしここでIS連鎖が起きてしまうと。。。。


ISブレイズ②

敵が予想していた場所よりも遠くに飛んでしまい、ブレイズを撃つくことができなくなってしまいます。連鎖が起きた場合は、さらに倍の距離敵が飛ぶと想定して、移動する必要があります。

動画2:38頃のものはIS連鎖によって敵が位置連れするのを予想して距離を遠くにとり、飛んできた敵に対してブレイズをしています。慣れるのに時間がかかると思いますが、練習してみましょう。



最後にブレイズの戦法とは違いますが、ブレイズの特性の一つとして、ブレイズを発動後一定時間無敵状態が自身に生じるというものがあります。

この特性を利用して、ファントムの方向を避けることができます。ブレイズが夢幻で人気な理由の一つとなっています。



以上、ブレイズについてまとめてみました。他にも書きたいことはたくさんあるのですが、今日はここらへんにしたいと思います。
ブレイズの戦法は多種多様で、ほかにも「屋台ブレイズ」「影縛りブレイズ」などあるのですが、あまり使うことがないので今回は省略いたしました。

また本来ブレイズはPT戦闘に特化したスキルです。味方のスキルに合わせることによって高ダメージを出すことができます。ここら辺うまい人はほんとうまいです。

PT戦闘におけるブレイズの立ち回りについても今後記事でまとめていけたらいいなと思っています。


それでは今回はこのへんで

ブレイズ、奥が深いぜ!!!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ろなうどん

Author:ろなうどん
マリー 人間 累積4万 趣味は夢幻と読書と筋トレ

マビノギは最高の神げー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
6889位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
1013位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。